多重債務 解決

早く多重債務解決の決心を

多重債務でずっと悩んでいました。

 

もっと早くお願いすればずっと早く解決できて楽になれたのに。

 

ためらっていたことを今思うと悔やまれます。

 

借りては返すの繰り返しが長い期間つづいていたのですが、もう限界だとあきらめたのが半年前。
債務整理のため法律の専門家に相談しようと決心するまで、ずいぶん時間がかかってしまいました。

 

今思うと本当にただ苦しみ続けるだけのムダな時間を過ごしてしまった。
もっと早く、債務整理の決心をしていたらと悔やまれます。

 

私が実際にした多重債務の体験から、少しでも皆さんのお役にたてることがあれば、と思いこのサイトを立ち上げました。
ここでは、あまり長くならないように必要な要点だけまとめていきますのでお付き合いくださいね。

こちらから簡単に無料で借金減額のシミュレーション、多重債務の現状を弁護士にメール相談できます。
匿名でOKで24時間利用できます。

 

>街角法律相談所無料シュミレーター

 

債務整理の種類はひとつじゃない

債務整理というと、自己破産のイメージがあって、家や自動車を手放し、生命保険の解約が必要ということを聞いていました。

 

しかし、実際に弁護士さんに相談し、話を聞いてみると、
債務整理の種類はひとつだけじゃないことがわかりました。

 

さらに、よく耳にしてきた過払い金もかなり高い確率で戻ってきそうだ、という話だったのです。

 

 

 

借金を整理するといっても、方法はいくつもあるのをご存じでしたか?
わたしは「債務整理イコール自己破産」と思い込んでいましたが、実はそれだけではなかったんですね。

 

  • 過払い金請求………完済した分も含め払い過ぎた利息を取り戻せます
  • 任意整理……………無理のない返済プランに変更して楽に返せます
  • 民事再生……………家など高価な財産を手放さずに借金を大きく減額
  • 自己破産……………高価な財産は処分され借金をゼロにできます

 

これらの中から、現在の借金の合計額と件数、返済してきた金額と期間、この先見込める収入額、財産などの条件により、一番適している解決方法を提案してくれます。

 

そのときの状況から、財産を手放しても借金をゼロにするか、無理なく返せる金額まで減らして返していくのかなどを選択。
また、多重債務で長期間返し続けてきた場合は、払い過ぎた利息が過払い金として戻ってくる可能性も高くなります。

借金が減ったり全くなる可能性も

債務整理を考えた時に、一番最初に私たちが注意すべきなのは、

借金問題の専門家を見つけることです。

 

借金整理の専門家こそが弁護士など法律家だと思いますよね。
しかし弁護士さんもそれぞれ得意な分野というものがあるからです。

 

  借金問題、離婚、相続、交通事故、刑事、労働問題、医療、消費者問題・・・

 

実に多くの分野があり、必然的に弁護士さんにも守備範囲ができます。
わたしもそういった予備知識もなくずいぶん回り道をしてしまいました。

 

 

最近、メールで匿名による法律相談できるサービスができました。
まだあまり一般的になっていませんが、シンプルで簡単ですが実はこれがオススメできるもの。

 

利用法はすごく簡単で、あなたの現在の状況を入力するだけで、居住地域などあなたの条件に合った債務整理が得意な弁護士さんが自動的にピックアップされて、無料でメール相談ができるのです。

 

もちろん、お任せした時に必要となる費用の総額、内訳、すぐに支払えない時は支払い方法についても相談できます。

 

このサービスは債務整理の具体的な方法、そのための費用の相場、そして信頼のおける多重債務などの借金問題解決が得意な弁護士さん探しを一度にできる便利なサービスといえます。

こちらから簡単に無料で借金減額のシミュレーション、多重債務解決法を弁護士にメール相談できます。
匿名でOKで24時間利用できます。

 

>街角法律相談所無料シュミレーター

問題解決へ一番の近道

少し前までの私は、常に追い詰められた気持ちで、毎日がもがき苦しんでいるような状況で、今思うとほぼパニック障害のような状態でした。

 

ここから脱出しなければ、本当に死んでしまうかも、と藁をもつかむ思いで法律事務所を訪ねました。

 

本当に、思い切って相談してよかったというよりも、
正直、もっとはやく相談していれば苦しまずに早い解決ができたのに・・・という思いです。

 

担当の弁護士さんに「もう大丈夫。安心してください。」と声をかけられた瞬間に、自然と涙があふれてきました。

 

もしあなたがこのような状況だとしたら、少しも迷う必要はありません
すぐにでも債務整理の専門家に助力を求めることを考えるべき時です。

 

できるなら明日の朝すぐにでも、相談に出向くべきです。
メール相談なら今すぐ申し込めます。いま昼間ならきっと今日中に、夜なら明日の朝にはもう返信が来ているはずです。

債務整理を解決際に必要な費用

 

債務整理を解決際に必要な費用というのは、やり方によって大きく違いが出てきます。任意整理みたいに、1社ずつ安い料金で利用可能な方法もあるのですが、多重債務する際のように、とても高い金額を用意するものもあります。
自ら出費を確かめることも大切な事です。

 

再和解というものが多重債務には存在します。再和解というのは、任意整理を行った後に、再び交渉して和解することなのです。これは可能なパターンと出来ないパターンがあるので、可能か否かは弁護士に相談をしてもらってから考えましょう。

 

多重債務は収入がない専業主婦でも選べます。言わずもがな、誰にも内緒で処分をうけることもできますが、大掛かりになってしまうなら家族と話し合ってみた方がいいです。
専業主婦でも解決がストップすれば、弁護士に話して何とかすることが可能です。

 

多重債務をする仕方は、数々あります。
中でも最もさっぱりするやり方は、一括で解決することです。一括解決の場合の利点は、その債務を一括で返し終えますから、以後の繁雑な書類の処理等と解決等が必要でない点です。理想的な整理の仕方だと言っても良いでしょう。借金がだんだん増えてしまった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と一緒に話して解決額の調整をすることになります。これが多重債務ですが、任意整理になる場合に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。
銀行口座にお金がまだある場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、事前におろしておきましょう。

 

多重債務の解決であれば、1社それぞれを低い金額で利用できる手段もありますが、自己破産のように、かなり高めの料金を解決わなくてはいけないものもあります。
自ら出費を計算することも大事です。

 

私は個人再生を申し立てたことで住宅ローンの返済がたいへん楽になりました。
以前は、毎回返していくのが厳しかったのですが、個人再生によって債務が軽くなったのではるかに解決金額が少なくなり、生活に余裕が生まれました。
ためらわずに弁護士に相談してみて本当に助かりました。
自己破産をする際、身の回りのものや日常生活を再建するためのわずかな必要経費以外は、全部引き渡すことになります。

 

自宅や土地などの所有物の他、ローン解決している最中の車も明け渡さなくてはなりません。
しかし、他人が解決いを行い続ける事に、債権者が同意すればローンを返済と並行して持ち続けることも可能になります。債務を整理すると、結婚をする解決に影響があるのではないかと考えている人がいますが、多重債務をしないで、大きな借金があるほうが問題です。多重債務をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい時、債務整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。7年以上の間あけるとローンを組むことが可能になります。多重債務を弁護士または司法書士に依頼する時、最初に気にするべき問題は着手金そして以降かかる費用のことです。
着手金の相場は一社につき二万円くらいということです。中には着手金0円を掲げる法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、注意して頼みましょう。

 

これは携帯の料金の分割ということが、借金をする行為になるからです。
そのため、携帯電話を購入したいのであれば、一括払いで買うようになるのです。多重債務を不道徳な弁護士に依頼した解決、最悪なことになるため注意を要します。ネットの口コミを確認するなどして正しい考えを持つ弁護士に依頼しないと信じられないくらい法外な依頼料を取られてしまったりするので注意を怠らない方がいいでしょう。
要注意ですね。多重債務を弁護士、司法書士にしてもらうとき、まず気にかけるべきことは着手金とその後にかかる費用についてです。

 

着手金のだいたいの相場は一社ごとに二万円ほどと言われます。中には着手金0円を標榜する法律事務所も見かけますが、これは過払い金がある人だけに適用されますから、注意して頼みましょう。

 

債務整理に掛かるお金というのは、方法によっても大きく変わります。任意整理の解決であれば、1社それぞれを低い金額で利用可能な方法もあるのですが、自己破産みたいに、かなりの高額費用を必要とする方法もあるのです。自らかかるお金を確認することも必要です。

 

借金を多重債務すると連帯保証人まで迷惑になってしまうという事実を知っているでしょうか。自分自身で返さなくてもよいという事は連帯保証人が本人の代わりに支払うという事になるのが現状です。
ですから、それを十分胸に刻んで任意整理を行うべきだと考えますね。

 

 

依頼する相手の情報も

 

インターネットの口コミなどで良識を備えた弁護士に依頼しなければ法外な手数料を取られてしまいますから警戒したほうがいいでしょう。細心の注意を払う必要がありますね。

 

お金なんて返さなかったらって友人に吹き込まれたけれど、それはよくないと思って債務整理する事を決意しました。債務をきちんとすれば借金は減りますし、頑張れば返していけると思ったためです。
おかげで日々の生活が楽しくなりました。

 

多重債務時には、弁護士と相談する必要がある事項がたくさんあります。弁護士の選び方は、話しやすいと感じる弁護士を選ぶ必要があるでしょう。

 

相談会のような場所で話しやすい弁護士を見つけるのもよいですし、周りの人の経験などを聞いて参考にしてみるのもいいですね。

 

債務整理をした人の名前は、ブラックリストに載り、その記録は、5年間残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

 

けれど、5年経っていないのに作れた人もいます。その解決には、借金を全額返済した場合がほとんどになります。
信用されたなら、クレジットカードを持つことが出来ます。

 

多重債務した後に住宅ローン申請をしてみるとどうなるかということですが、多重債務を行った解決、あと数年くらいは、信用情報に載ってしまうのです。利用することを検討するならしばらく待つようにしましょう。

 

 

多重債務をしたことの記録

 

多重債務をしたことの記録は、一定期間残ります。この情報が残ったいる期間は、借入ができません。

 

情報は年数が経過すれば消えることになっていますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で残ってしまいます。複数の金融会社からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月々の解決額が大きくなり経済的な足かせになってしまう場合に多重債務で融資をすべてまとめて一本にすることで月々の返済金額を相当金額減ずることができるという大きなメリットがあります。借金が返せないほど膨れ上がった場合に、借金をしている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、解決額の調整をすることになります。

 

これが多重債務ですが、多重債務を実施する時に、銀行口座が凍結される解決があります。銀行に預金がある解決はそのお金は債権者のものとされてしまうので、多重債務が行われる前に、引き出しておきましょう。

 

債権調査票とは、多重債務をする際に、お金をどこでどれくらい借りているのかを確実に分かるようにするための文書にした紙です。

 

借金をしている会社に頼むと対応してもらえます。ヤミ金に関しては、もらえないケースもありますが、そういう時には、自分で書面を用意すれば問題ありません。

 

個人再生に必要となる費用というのは頼んだ弁護士や司法書士によって違うのです。
お金を持っていないのにそんなの払えないと思っている人でも分割払いも可能なので相談しても大丈夫なのです。参っている人は相談してみるとよいと考えています。

債務整理の事例が具体的に紹介されているおすすめの動画 → こちら

更新履歴